ここから本文です

【ブラジル】女性の大卒率 白人は黒人・褐色の2倍以上

3/14(水) 23:48配信

サンパウロ新聞

 ブラジル地理統計院(IBGE)のある研究結果は、ブラジルにおいては肌の色が「教育上の不利益」をもたらす決定的要因であることを示している。IBGEの研究報告によれば、ブラジルの白人女性の中で大学を卒業することができた人の割合は23.5%と、黒人または褐色女性の中の大卒者の割合(10.4%)の2倍よりも大きい。伯メディアが7日付で伝えた。

 男性の間においても人種に起因する差が存在する。IBGEの全国家庭サンプル調査(Pnad)の2016年版のデータは、24~44歳の白人男性においては24.2%が大学卒業者で、黒人または褐色男性の大卒率はわずか8.7%だったことを示している。なお、同調査では、24~44歳の白人女性の大卒率は31.0%、そして黒人または褐色女性の大卒率は13.4%となっている。

サンパウロ新聞

最終更新:3/14(水) 23:48
サンパウロ新聞