ここから本文です

石原さとみ『アンナチュラル』の満足度が松本潤『99.9』を凌駕(りょうが)!

3/14(水) 17:51配信

トレンドニュース(GYAO)

石原さとみ主演の『アンナチュラル』。
従来の清純派のイメージを払拭(ふっしょく)して、法医学者というエキスパート役に挑戦し、新たな境地を切り開いていると好評だ。
しかも今クールのドラマの中では、松潤主演『99.9』と満足度でトップを競い、他のドラマに大差をつけている。同ドラマの魅力に迫ってみた。

【無料配信】石原さとみ主演ドラマ「アンナチュラル」最新話を配信中>>

■視聴率と録画再生視聴率

『99.9』と『アンナチュラル』を比較すると、視聴率では『99.9』が圧倒している。
初回15.1%こそ『BG』に遅れを取ったが、2話18.0%で一挙に巻き返し、8話までの平均16.9%は今クール全ドラマの中で断トツの首位。『アンナチュラル』は6%ほど引き離されてしまった。
ただしこれは、若~壮年層の帰宅が遅い花金(はなきん)の放送というハンディもある。『99.9』が放送される日曜9時は、最もHUT(総世帯視聴率)が高く、家族で視聴する時間帯という追い風も勘案しなければならない。

放送時間帯の差という見方は、録画再生視聴率の比較で裏付けられる。
ビデオリサーチ社が出している録画再生視聴率で比べると、両ドラマにはほとんど差がない。自分の好きな時間にじっくり見たい視聴者が対象となると、両ドラマは毎週1~2位を競い、他の番組を寄せ付けない。見応えという意味で、今クール最高のドラマと言えよう。

■満足度が急上昇

見応えと言えば、データニュース社「テレビウォッチャー」が調べる満足度で、興味深い数字が出ている。
『アンナチュラル』の満足度は初回3.87で始まり、2話以降が3.9台、5話以降4.0超と異例の高さとなっている。第2シーズンの『99.9』が序盤こそ先行したが、第5話以降は『アンナチュラル』が上回った。特に4.16の第5話、4.15の第8話、4.16の第9話は、めったに出ない高記録となっている。中盤以降で同ドラマにハマった人がたくさんいたことがわかる。

そもそも「テレビウォッチャー」モニターの序盤の発言を見ると、法医学など知的レベルの高さや、遺体や臓器の映像が出てくる気味悪さで、『アンナチュラル』は不利な要素を抱えていたことがわかる。

「あまり好きな内容ではなかった」男69歳(満足度2)
「気持ち悪い。リアルなのか見せ方の問題か不愉快な気持ち悪さです」女50歳(満足度3)
「入り込めない感じだった」男37歳(満足度2)

ところが肌に合わないと脱落した人が出る一方、ストーリーの面白さなど評判を聞いた人々が集まり、結果として視聴率こそあまり伸びなかったが、満足度は急伸したのである。

1/2ページ