ここから本文です

初夏の陽気は15日まで 週末にかけて気温落差に注意

3/14(水) 11:33配信

ウェザーマップ

 きょう14日も全国的に気温が高く、東北南部や東日本、西日本は広く20℃を超える見込み。関東の内陸や西日本の日本海側は24℃前後まで上がるところがあり、暖かかったきのう以上に気温が上がりそうだ。

 高気圧の中心は日本の東へ離れたものの、まだ日本付近を広く覆っている。上空に暖かな空気が流れ込んでいるため、きょう14日は全国的に朝から気温が高く、東京都心では午前11時過ぎに気温が20℃を超えた。午前11時半までの最高気温は、前橋市22.6℃、千葉県茂原市22.3℃、富山市21.2℃など、各地で時季外れの暖かさとなっている。午後は、さらに気温が上がるところが多い見込み。
 
 <14日の予想最高気温(平年差)>
 釧路  12℃(+10℃)
 仙台  20℃(+11℃)
 前橋  24℃(+11℃)
 東京  21℃(+8℃)
 長野  20℃(+11℃)
 富山  23℃(+12℃)
 名古屋 22℃(+8℃)
 大阪  22℃(+9℃)
 福岡  22℃(+8℃)

15日(木)も気温高いが、天気下り坂

 15日も南風の影響で全国的に気温が高いが、前線の南下に伴い日本海側から雨の範囲が広がる見込み。さらに、雨の降り出しと共に気温が急に下がる地域が多く、16日(金)の日中は北日本や東・西日本の日本海側ほど前日との気温の落差が大きい見込み。
 
 <16日予想最高気温:(15日予想最高気温との差)>
 青森  6℃(-9℃)
 福島  11℃(-12℃)
 仙台  12℃(-8℃)
 新潟  11℃(-9℃)
 東京  17℃(-5℃)
 大阪  15℃(-6℃)
 
 なお、17日(土)は、さらに気温の下がる地域が多い見通し。東京都心の予想最高気温は13℃で、これでだいたい平年並みの気温となりそうだ。

最終更新:3/14(水) 11:56
ウェザーマップ