ここから本文です

【映像】背面飛行の複葉機でスタント 極限に挑むことが生きがい

3/14(水) 15:39配信

アフロ

 13歳のときに初めてバンジージャンプをやってから、極限に挑むことを生きがいにしているプロのスタントマン、ブライアン・ピッツさんが挑んだのが、複葉機の翼からのスカイダイビング。
 米西海岸カリフォルニア州サンタ・ポーラの飛行場から飛び立ったピッツさんは、背面飛行する複葉機のコックピットから体を乗り出し、風圧に耐えながら翼の上でスタントを披露。片手を離し、風圧に体を流されながら、もう一方の手を離すと、そのまま地上に急降下。
 スカイダイビング500回以上のベテランには、着地は造作もないこと。

(アメリカ、サンタ・ポーラ、3月14日、映像:Caters/AFLO)

最終更新:3/14(水) 15:39
アフロ