ここから本文です

お子さまの野菜の好き嫌いを減らすコツをご紹介!

3/14(水) 17:21配信

ベネッセ 教育情報サイト

近年、食育が注目されています。お子さまの食事に気を遣っているという保護者のかたも多いですよね。にもかかわらず、お子さまに好き嫌いがある、または、離乳食の段階では割となんでも食べてくれたのに、大人と同じ食事になったら、食べなくなってしまい悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
お子さまが好き嫌いなく、何でも食べてくれるのが理想ですが、味の好みは一人ひとり違いますし、現実はなかなかうまくいかないですよね。その中でも、お子さまの好き嫌いが多いのが「野菜」です。そこで、野菜の好き嫌い解消につながるような、ちょっとした工夫をご紹介しましょう。

お子さまが「苦手!」と思っても、ちょっと期間を空けてから再チャレンジ

幼児期の味覚は、大人の何倍も敏感だと言われています。特に、酸味は食材の傷みや腐敗、苦みは毒物などにつながるものとして、本能的に避ける傾向にあるようです。そのため、離乳食で一度はいやがられても、時期をずらしてあげてみましょう。成長とともにおいしく感じるようになるかもしれません。

また、大人でも食べたいものがその日の気分で変わりますよね。お子さまも同じです。いつもの安心できる味を食べたいときもあれば、新しい味にチャレンジしてみたい気分のときもあるのです。嫌いなものがあっても諦めずに繰り返し食卓に並べてみましょう。
ちなみに、出す量を少量にしておけば、お子さまも「ちょっとなら…」と思うかもしれませんし、たとえ食べてくれなくても、処分する罪悪感が少なくてすみますよ。

お子さま自身で育ててもらう

野菜が嫌いなお子さまの場合には、一緒に育ててみるのがおすすめです。ピーマンやきゅうり、トマトなど、比較的育てやすく、種まきから収穫まで1~2カ月ほどなので、気軽に始められます。お子さまに毎日、朝晩の水やりを担当してもらい、収穫まで体験させることがポイント。自分で育てた野菜だからこそ、味が苦手だったり、食べず嫌いだったりする野菜でも、「食べてみよう」という意欲がわきやすくなります。しかも、新鮮でおいしい野菜を家族で食べることもできて、一石二鳥です!

1/2ページ