ここから本文です

約1.5億円!サーキット専用のマクラーレン セナGTRを発表

3/14(水) 13:06配信

オートックワン

マクラーレンは、サーキット専用のマクラーレン セナ GTRの生産を発表。ジュネーブショー2018において公開した。
最大75台のサーキット専用マシンが生産され、1台の価格はおよそ100万ポンド(UK国内税別暫定価格)で、日本円に換算すると約1億4800万円となる(2018年3月14日時点)。
マクラーレン セナ GTRは、既に完売してしまった公道走行が可能なマクラーレン セナに比べ、さらなるパワーおよびトルクの増大と1000kgに達するダウンフォースを実現し、F1を除くマクラーレン最速のラップタイムを記録している。
なお、マクラーレン セナ GTRの詳細なテクニカルデータは今年の後半に明らかにされる予定。

>>マクラーレン セナ GTRを画像で見る

主な特長

トップクラスのサーキットカーに求められる、コアの強度と剛性を確保するために、マクラーレン セナと同じカーボンファイバー製 Monocage III構造が採用されているマクラーレン セナ GTRは、乾燥重量も最軽量のロードカーであるマクラーレン セナと同じ1198kgである。
4リッターV8ツインターボエンジンが生み出すパワーとトルクは、公道走行が可能なマクラーレン セナの800PSおよび800Nmからさらに向上して最高出力は少なくとも825PSに増大し、直線でのスピードはスタンダードモデルより速くなっている。
サーキット専用トランスミッションと改良されたダブルウィシュボーン式サスペンション、Pirelli製スリックタイヤがもたらすさらなる効果により、ダウンフォースは最大1000kgに達する。それにより、マクラーレン セナ GTRは、F1以外では、マクラーレン史上最速のラップタイムを記録した。
また、デザインではトレッドが広くなり、フロントとリアのフェンダーが新しくなるほか、カーボンファイバー製のボディもよりシンプルになっている。
フェンダーと他のエアロダイナミクス・コンポーネントはコックピットにクリップオンされているような設計で、簡単にモディファイが可能。さらにホイールのデザインも、サーキットでの使用を想定した新しいものとなっている。

また、ロードカーのマクラーレン セナとは異なり、マクラーレン セナ GTRでは、ポリカーボネートのチケットウィンドウを採用した。

最終更新:3/14(水) 13:06
オートックワン