ここから本文です

山田姉妹、休符は休みでなく音楽 メロディで伝えたい歌詞の魅力:インタビュー

3/14(水) 15:30配信

MusicVoice

 双子ソプラノデュオの山田姉妹が7日、2ndアルバム『ふたつでひとつ』を発売。この作品には時代を超えて輝き続ける名曲のカバーが11曲、山田華・麗がそれぞれ作詞をしたオリジナル曲が2曲、計13曲が収録されている。アルバムタイトルは2人が「なんて素敵な曲なんだ!」と感動したという、シンガーソングライター・工藤慎太郎の曲から採られたもの。昨年デビューしてからの1年について山田華は「無意識にお互いを支え合っている」と語り、姉妹の絆をさらに強めた様子。選曲の基準について「歌い継いでいってもらえる様な日本語のきれいな曲をたくさん歌いたい」と話す。ジャンル問わず挑戦する、若き歌い手姉妹が今考えていることは何だろうか。2人に話を訊いた。

デビュー1年を経て得た自信

――Twitterを拝見しました。先日はタイに行かれていたそうですね。

山田華 暑かったです。飛行機の中で薄着に着替えたんですけど、着いた瞬間にもわっとして(笑)。3度とかの気温の所から、いきなり30度ですから大変でした。山田姉妹としての海外でのお仕事はこれが初めてです。

山田麗 現地の日本人の方向けのパフォーマンスだったのですが、皆さん凄く盛り上がってくださいました。海外が長い方も多いので、私たちのファーストアルバム『あなた ?よみがえる青春のメロディー』(昭和の名曲をカバーした作品)から懐かしい曲を歌うと一緒に口ずさんでくださったり。

――お話しぶりから、メジャーデビュー1年を経た自信が感じられます。

山田華 この1年はたくさん夢が叶った年でした。2人とも小さい頃から由紀さおりさんと、安田祥子さんみたいにずっと歌っていける姉妹になりたいなと思っていたんです。なのでいつかはお会いしたいと思っていたら、番組でご一緒に歌わせて頂いたり。応援してくださる方も増えました。

 今までは2人でコンサートに頑張って取り組んでいましたけど、デビューしてからは「テレビで観たあの2人の歌声を生で聴きたい」と熱を持って来てくださる方が増えました。「1年間でこんなに応援してくださる方が増えたんだ」と実感しています。

山田麗 やっぱり、聴いてくださる方がいて成り立つものなので。「歌手になりたい」という夢が叶った事を凄く感じた1年ですね。いまだにいつも緊張していますが(笑)。

山田華 回を増す毎に自分たちのハードルが上がっていくので、全然緊張が抜けませんね。コンサートだと歌い慣れた場所などでは少しリラックスするかもしれませんけど、歌う緊張はなかなか抜けるものではないかもしれません。

山田麗 生放送などではもちろんミスも出来ないですし、また違った緊張感があって生きた心地がしないです。

山田華 ほとんど記憶がないよね(笑)。

山田麗 当日緊張した状態でも1番のパフォーマンスをしなければいけないので、そこにもっていく気力や集中力は養われた気がします。

――生放送というのはNHKの『うたコン』(2月6日放送)の事ですね。

山田麗 マイナス10度のなか歌いました。

山田華 屋外で歌うこと自体あまり慣れていないんです。クラシックは室内のコンサートホールが多かったので。屋外とマイナス10度という環境は大変でした。

山田麗 それと歌った曲がMISIAさんの「果てなく続くストーリー」で。挑戦した事がないジャンルの曲でした。初めてのこと尽くしでしたけど、たくさんの方が助けてくださって、ぽかぽかした気持ちで歌うことができました。凄く楽しかったです。

――NHKはリハーサルの回数が多いとも聞きました。

山田麗 そうなんです。私たちにとっては、何回も確認できるのでありがたいです。

山田華 カメラリハーサルでも緊張しちゃいますから。思いっきりやろうとしても出しきれなくて「もう次が本番だ」みたいなこともあったりして。

山田麗 カメラリハーサルで間違えてしまうと「本番じゃなくて良かったな」と心から思います。同時に間違いを活かせるので、本番は大丈夫だなとも思います。

1/4ページ

最終更新:3/14(水) 15:30
MusicVoice