ここから本文です

「めちゃめちゃエロい」、有吉がつい“検索”してしまうワードは?

3/14(水) 21:01配信

TOKYO FM+

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。3月11日(日)の放送は、アシスタントにマシンガンズの滝沢秀一とタイムマシーン3号の関太を迎えてお送りしました。

有吉が特番のロケでポールダンス教室へ行ったときの話。「めちゃめちゃエロかった」と感想を語り始め、「最近はついつい“ポールダンス”って検索しちゃう」とすっかり魅了された様子。ロケ終わりに千鳥のノブさんと飲みながらポールダンス談義でひとしきり盛り上がったとか。
ロケ現場では、ポールダンサーのどの子がタイプかといったやり取りもあったそうですが、「恥ずかしかったのもあるけど、俺みたいな者に選ばれなかった子が傷つくかもしれないから」との理由で、自身はタイプの子がいたものの口に出すことができなかったそう。

そんな有吉の思いを知ってか知らずか、お酒の席でノブさんは「いやぁ~今日の有吉さんは紳士でしたね~」「女性への気遣いなど紳士だと思いました」とベタ褒め。紳士ともてはやされた有吉は、「ノブちゃん、俺のこと坂田利夫師匠みたいな扱いしてない?」と質問せずにはいられなかったとか。なぜなら、有吉的に“紳士”というワードが気になったしまったそう。というのも、“アホの坂田”のキャラでお馴染みの坂田さんは、普段はシャイで女性にやさしく、とてもオシャレで紳士なことで有名。それだけに、自分が坂田さんと同じタイプと思われていると有吉はとらえたようです。
すると、ノブさんは「全然していないですよ。(有吉さん)今日はハットもかぶっていますし……」と否定。ですが、「いやいや、坂田師匠がスーツにソフト帽かぶっていることを、ノブちゃんたちはちょくちょくイジっているよね」と指摘。ノブさんたちとの宴は、およそ4~5時間ほどだったそうですが、その間ずっと「俺のこと坂田師匠扱いしないでよ」「していません」と冗談めいたやり取りがループしていたとか。

そんな“紳士”エピソードを聞いた関から、「太田プロの後輩たちは、有吉さんのことを“紳士”だと思ったことはない。大丈夫ですよ(笑)」と全否定される有吉でした。

最終更新:3/14(水) 21:01
TOKYO FM+