ここから本文です

乗っていた自転車から男性降ろし、蹴って負傷させ現金奪う 容疑の少年2人を再逮捕「襲った」/県警

3/14(水) 23:03配信

埼玉新聞

 埼玉県警捜査1課と川越署は14日までに、強盗未遂と強盗致傷の疑いで、東京都東村山市、犯行時少年だった建設作業員の男(20)と住所不定、工員の少年(17)=いずれも強盗致傷容疑で逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年10月8日未明、川越市新宿町2丁目の路上で、自転車で通行中の飲食店従業員男性(33)を自転車から降ろし、腰を蹴るなどして約2~3週間のけがを負わせ、現金1万4千円を奪うなどした疑い。

 同課によると、2人は元職場の仲間関係。防犯カメラの画像などから浮上した。男は「全く覚えていない」と容疑を否認。少年は「金を取る目的で男性を襲った」と認めているという。

 昨年11月に川越や狭山、坂戸市内で強盗致傷事件が発生し、県警で関連を調べる。

最終更新:3/14(水) 23:03
埼玉新聞