ここから本文です

小結・逸ノ城が敗れ、横綱・鶴竜が万全の横綱相撲 全勝は鶴竜を含む5人

3/14(水) 20:10配信

AbemaTIMES

<大相撲大阪場所>◇四日目◇3月14日◇エディオンアリーナ大阪

 全勝を守った横綱・鶴竜(井筒)が、“荒れる春場所”の優勝戦線を半歩リードした。

 前頭二枚目の荒鷲(峰埼)との取組で、立ち合いからの一気の押し出しで危なげなく全勝を堅持。AbemaTVで解説を務めていた沖縄出身の元力士・若ノ城は「横綱にこの圧力のある立ち合いをされたら、相手力士は厳しいですね」と、鶴竜の横綱相撲を称賛した。
 
 同じく全勝で四日目に臨んだ小結・逸ノ城(湊)は、関脇の御嶽海(出羽海)と対戦し、元気なく押し出されて初黒星を喫した。

 今日の結果を受け、全勝は横綱鶴竜を含む、前頭十七枚目・碧山(春日野)、前頭十四枚目・勢(伊勢ノ海)、前頭六枚目・魁聖(友綱)、前頭四枚目・松鳳山(二所ノ関)の5人となった。

最終更新:3/14(水) 20:10
AbemaTIMES