ここから本文です

渡辺麻友 AKB48卒業後、初のドラマ出演で切れ者の保険調査員役に

3/14(水) 20:20配信

E-TALENTBANK

第15回「このミステリーがすごい!」大賞・大賞を受賞し、2017年1月に単行本が発売され話題となった岩木一麻による小説「がん消滅の罠~完全寛解の謎」(宝島社)がTBSでドラマ化され、4月2日(月)よる8時から3時間スペシャルとして放送される。

【写真】渡辺麻友と柏木由紀が本音で語る「女の子同士の友情」が話題

このたび唐沢寿明演じる主人公・夏目典明の親友で生命保険会社調査部に勤務する森川雄一(及川光博)の部下・水島瑠璃子役に、渡辺麻友が決定した。渡辺はAKB48卒業後初のドラマ出演となる。

瑠璃子は、リビングニーズ特約(医師から余命6ヶ月以内の宣告を受けた時、契約している死亡保険の一部を生前に受け取れる特約)で夏目の患者が生前給付を受けた案件に不正の可能性があると判断し、調査を進めるきっかけを作る重要な役どころ。

余命宣告をした医師が夏目であると知って「問題ないだろう」と判断する森川に対し「なぜ言い切れるのか?」「女の勘!」ときっぱり述べる、仕事に一生懸命で真面目な瑠璃子を渡辺が見事に演じている。

このほか、手塚とおる、加藤虎ノ介、勝野洋など豪華キャストの出演が決定した。

今日の医学の進歩により、がんは共に生きる時代となっており、日常生活を送りながら長期間の延命が可能な病と言われるまでになってきた。そんな、がん治療の世界を舞台に大胆なミステリーが展開される。

【渡辺麻友 コメント】
医療もの作品ということで、肺腺がん患者、リビングニーズ特約、生前給付金、完全寛解等々、今まで私が生きてきてただの一度も発したことがない単語や、説明台詞の多い役にたいへん苦労しました。

私が演じる水島瑠璃子は、生命保険会社調査部、社会人4年目くらい、お仕事にも慣れてきて楽しくなってきている頃かな、というような設定でしたので、そのような人物像も意識し演じるよう心がけました。AKB48卒業後初のドラマ出演、また、クランクインが唐沢さんと渡部さん、及川さんの4人だけのシーンということもあり、テレビでよく観る方たちがいる…そこに私が混ざっている…何だろうこの状況は!? とめちゃくちゃ緊張していましたが、いや、これはとても光栄なこと、こんな機会はなかなか訪れないし、たくさん学ばせていただこう、と必死に気持ちを切り替え緊張を乗り越えました。

及川さん演じる森川の優秀な部下・水島瑠璃子が調査部で不正を暴こうと鋭い観察をする、唐沢さんに厳しく追求する、など今までにない演技にも挑戦しています。切れ者になりきれているかどうか、ぜひ楽しんで見ていただけたらと思います。

【あらすじ】
最高峰のがん治療を提供する病院の医師である主人公は、ある日手の施しようのない末期がん患者を担当することに。しかし、その患者が生命保険金の生前給付を受け取った直後、がんが「完全寛解」した。しかも連続して――。

株式会社イータレントバンク

最終更新:3/14(水) 20:20
E-TALENTBANK