ここから本文です

打率3割中盤は必要? NPB目指す村田修一、BCリーグで求められる成績は

3/14(水) 9:33配信

Full-Count

巨人を自由契約になり、BC栃木を新天地に選んだ村田修一

 37歳のスラッガーが新天地に選んだのは、栃木だった。昨季限りで巨人を自由契約となった村田修一内野手。NPB球団でのプレーを望んでいたものの、最終的にルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団を決断。3月9日に入団会見を行った。

各球団発表、2017-2018年の引退、戦力外、自由契約、補強選手一覧

 ただ、将来的なNPBへの復帰は諦めてはいない。栃木でプレーして結果を残し、NPB球団から声がかかることを目指していくことになるという。では、村田がプレーするルートインBCリーグでは、どれほどの成績を残せば、NPB球団への道が開けるのだろうか。過去のNPB入りした選手の成績から、村田に求められる数字を探ってみよう。

 まず、ここ3年間で、NPB球団からドラフト指名を受けた選手のその年の成績を、村田と同じ野手に限って見てみる。

○2017年ドラフト
滋賀 山本祐大捕手(DeNA9位)
56試合197打数58安打2本塁打19打点28三振10四球0盗塁 打率.294

富山 和田康士朗外野手(ロッテ育成1位)
68試合262打数71安打1本塁打14打点59三振23四球14盗塁 打率.271

○2016年ドラフト
石川 大村孟捕手(ヤクルト育成1位)
67試合234打数67安打2本塁打33打点35三振21四球0盗塁 打率.286

石川 坂本一将内野手(オリックス育成4位)
71試合305打数93安打0本塁打29打点48三振20四球19盗塁 打率.305

○2015年ドラフト
武蔵 小林大誠捕手(巨人育成2位)
60試合153打数34安打0本塁打20打点34三振14四球0盗塁 打率.222

武蔵 田島洸成内野手(巨人育成4位)
63試合213打数40安打1本塁打18打点44三振10四球4盗塁 打率.188

 ドラフトで指名された選手は育成指名が多いように、将来性を期待されてのもので、目立った打撃成績は残っていないというのが実際のところだ。村田に求められるのは、即戦力として働けるかどうか、というポイントとなる。そうなると、助っ人外国人選手と同様の成績が必要になってくるのではないか。

1/2ページ

最終更新:3/14(水) 12:52
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(土) 12:05