ここから本文です

開幕ローテ狙う中日松坂、OP戦2度目の先発は初回に失点 浅村に適時打許す

3/14(水) 14:23配信

Full-Count

松井稼との元チームメート対決は右飛

 中日の松坂大輔投手が14日、本拠地ナゴヤドームで行われた西武戦でオープン戦2度目の先発マウンドに上がった。開幕ローテ入りを狙う松坂にとって、大事なアピールの場となるが、初回にいきなり先制点を与えた。

 初回に「1番・左翼」で先発した松井稼頭央と早速、西武時代のチームメート対決が実現、初球の真っ直ぐを打たせ、右飛に打ち取った。1死となってから源田は2球目のシュートを打たれ、右前安打。この日3番に入った秋山はフルカウントから四球を与え、1死一、二塁のピンチを招いた。メヒアは追い込んでから、高めのスライダーで捕邪飛に打ち取ったが、続く浅村には、初球のシュートで詰まらせながらも、中前へと運ばれ、適時打となった。

 なおも2死一、二塁のピンチだったが、山川を外角低めのボールになるスライダーで、バットに空を切らせて空振り三振に。なんとか最少失点でしのいだ。

Full-Count編集部

最終更新:3/14(水) 14:55
Full-Count