ここから本文です

西武・菊池にアクシデントか? 1イニングで降板、2回からドラ3伊藤が登板

3/14(水) 14:45配信

Full-Count

菊池が初回1失点で降板

 西武の菊池雄星投手が14日、ナゴヤドームで行われた中日とのオープン戦で1イニングで降板した。先発マウンドに上がったものの、2回からはドラフト3位ルーキーの伊藤翔投手がマウンドに上がった。 

 開幕投手に決まっている左腕。初回に大島に中堅への二塁打を浴び、京田の犠打で走者を三塁へと進められると、2死三塁からビシエドに右翼線を破られる適時二塁打を浴び、1点を失った。 

 150キロ超の真っ直ぐを持つ菊池だが、この日の初回はストレートのほとんどが140キロ台前半だった。西武の大黒柱として不可欠な存在である菊池。突然の降板となったが、何事もなければ、いいのだが……。

Full-Count編集部

最終更新:3/14(水) 14:45
Full-Count