ここから本文です

辺野古新基地:全国から約200人、抗議の座り込み 午前中の資材搬入なし

3/14(水) 13:20配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では13日午前、北海道や青森、埼玉、神奈川、京都、奈良、長崎など全国各地の平和運動団体や労働組合のメンバーら約200人が座り込み、新基地建設に抗議した。

海上作業は進んでいました

 秋田から来た女性は「辺野古の新基地建設反対運動で日本の民主主義を守る」と意気込んでいた。午後0時半時点で、基地内への資材の搬入はない。

 一方、米軍キャンプ・シュワブ沿岸の「K2」護岸建設現場ではブロックの設置が進み、「K4」でも捨て石がショベルカーで敷き詰められる作業が確認された。

最終更新:3/14(水) 15:05
沖縄タイムス