ここから本文です

新酒にコメのうまみ 七尾酒造組合がきき酒会

3/14(水) 1:34配信

北國新聞社

 七尾酒造組合の新酒きき酒会は13日、七尾市桜町の七尾小売酒販組合で開かれ、審査員が七尾税務署管内4社の醸造した清酒23点の香りや味を確かめた。山脇幹善(みきよし)金沢国税局鑑定官室長は「厳しい寒さが続いたが、酒造りには向いた気候だった。コメのうまみが出たおいしい酒に仕上がっている」と講評した。

 布施酒造店(七尾)、鳥屋酒造(中能登)、御祖(みおや)酒造(羽咋)、二羽鶴酒造場(中能登)が、大吟醸6点、吟醸2点、純米吟醸4点、純米7点、本醸造2点、普通2点を出品した。

 山脇室長や大沢厚志七尾税務署長ら審査員8人が、1点ずつ色や香りを確認し、口に含んで口当たりや味のバランスを評価した。

北國新聞社

最終更新:3/14(水) 1:34
北國新聞社