ここから本文です

完膚なきまでに叩きのめす!? ミュラー「相手に何の希望もないと分からせたい」

3/14(水) 14:47配信

ゲキサカ

 14日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦で、バイエルンはベシクタシュのホームに乗り込む。前日会見に出席したFWトーマス・ミュラーが意気込みを語った。

 2月20日にホームで行われた第1戦では、前半43分にミュラーの得点で先制すると攻撃陣が爆発。後半にFWロベルト・レワンドフスキが2点、FWキングスレー・コマン、ミュラーが1点ずつを加点して5-0の完封勝利を収め、大きなアドバンテージを得て第2戦を迎える。

 準々決勝進出をほぼ手中に収めているものの、ミュラーは「0-0から始めるような気持ちで試合の準備をしている」と一切手を抜くつもりはないことを強調。「開始直後から相手に何の希望もないと分からせたい。第1戦ほど多くゴールができるとは思わないけど、勇敢にプレーして第1戦のようなパフォーマンスを見せたいね」と続けた。

 また、チームを率いるユップ・ハインケス監督も、「いくら安心できる点差がついていても、常に最高に集中した状態で試合に臨まなければならない。第1戦の結果に左右されることなく、いつでも勝とうとしなければいけないよ」と決して気を緩めることなく、第2戦に臨む。

最終更新:3/14(水) 14:52
ゲキサカ