ここから本文です

ホンダ、軽二輪スーパースポーツモデル CBR250RR<ABS>に新色追加

3/14(水) 14:54配信

オートックワン

ホンダは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル CBR250RR<ABS>に、先鋭的なフォルムを際立たせるパールグレアホワイトを新たに追加し、2017年4月20日(金)に発売する。価格は75万6000円~82万8360円(消費税込)。

このニュースのフォトギャラリー

今回の新色追加により、CBR250RR<ABA>の車体色は、従来のマットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッドに加え、パールグレアホワイトが加わり、全4色のカラーバリエーションとなった。

CBR250RRは250ccクラスのスーパースポーツモデルとして、「直感、体感、新世代 “RR”」を開発コンセプトに2017年5月に発売された。

低中回転域での力強さと高回転域までシャープに吹けあがる特性を高次元で両立させたエンジンや、スロットルグリップ開度を電気信号を介して伝達するスロットル・バイ・ワイヤシステムを採用。このシステムを活かした3種類のライディングモードにより、ライダーの好みにあった出力特性が選択可能となった。

路面追従性の良い倒立タイプのフロントサスペンションと、リアには5段階のプリロード調整が可能なプロリンクサスペンションを組み合わせるとともに、剛性に優れたラジアルタイヤを採用。ブレーキはABS(アンチロック・ブレーキ・システム)をタイプ設定した。

また、全灯火器類をLED化し、フルデジタルメーターを採用するなど、先進的かつ先鋭的なスタイリングは独自の存在感を演出している。

最終更新:3/14(水) 14:54
オートックワン