ここから本文です

X JAPANのギタリスト、hideのドキュメンタリー映画が公開決定! 初公開写真を使用したメインビジュアル&ティザー映像解禁

3/15(木) 4:43配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

1998年5月、人気絶頂のなか突然他界した、X JAPAN のギタリスト、hide。

【詳細】映画『HURRY GO ROUND』ティザー映像はこちら

hideが永眠して20年となる2018年、“hide 20th Memorial Project“が発足。プロジェクトの一環として製作されるドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』が5月26日に全国公開されることが決定した。

本作は、hideの墓の墓石に刻まれている、事実上最後の楽曲「HURRY GO ROUND」の歌詞に隠されたメッセージを軸に、生前のhideを知らぬ男、俳優・矢本悠馬(やもとゆうま)をナビゲーターとして、hideの最後の足取りを辿るドキュメンタリー。

亡くなる前日に撮影された未公開映像の初公開を含め、今まで語られることがなかった真実がここに明かされる。

ひとりの俳優が、神奈川県三浦市にあるhideの墓を皮切りに、hideが生まれ育った横須賀、さらには、hide が亡くなる3ヵ月前に過ごしていたアメリカ・ロサンゼルスを訪ね、hide が過ごした地を巡る。

また、hideの実弟・松本裕士(ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役)、hide with Spread Beaverのメンバーであり、hideの共同プロデューサー・I.N.A.、当時のレコーディングエンジニアERIC WESTFALLほか、hideをよく知る人物を訪ね、亡くなる直前の hide について話を聞く。

ナビゲーターの矢本悠馬は、映画『ちはやふる』シリーズ、『君の膵臓をたべたい』や、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』など、話題作への出演が続いている若手注目株。監督をつとめたのは、DREAMS COME TRUE、YOSHIKI(X JAPAN)、Perfume、高橋 優、高梨沙羅のTVドキ ュメンタリー番組や、hide オフィシャルブック『Pinky Promise』など、演出家・プロデューサー・構成作家として活躍中の石川智徹。本作が映画初監督作品となる。ふたりは音楽番組を通じて知り合い、監督が本作のイメージにぴったりと矢本を起用した。

そしてこのたび、hideの初公開写真を使用した映画のメインビジュアルが完成。本メインビジュアルは、本日3月15日より、東京・渋谷のスクランブル交差点のビルボード広告(西村ボード)に掲出される。ファンも見たことのない新ビジュアルに注目だ。

なお、映画の公開に先がけ、ライブ『hide 20th memorial SUPER LIVE “SPIRITS”』が4月28日・29日に開催されるなど、“hide 20th Memorial Project” が続々決定している。

映画情報
『HURRY GO ROUND』
監督:石川智徹
ナビゲーター:矢本 悠馬
主題歌:「HURRY GO ROUND」 hide with SpreadBeaver
配給:KADOKAWA
企画・製作:UNIVERSAL CONNECT
(C)2018「HURRY GO ROUND」製作委員会

hide 20th Memorial Project Film HURRY GO ROUND」映画特設サイトhttp://www.universal-music.co.jp/cinema/hurrygoround/

hide UNIVERSAL MUSIC JAPAN OFFICIAL WEBSITE
http://www.universal-music.co.jp/hide/

hide OFFICIAL WEBSITE
http://www.hide-city.com/