ここから本文です

<週刊少年ジャンプ展>第2弾は黄金期90年代の原画ずらり ドラゴンボール、幽☆遊☆白書、スラムダンク…

3/15(木) 11:17配信

まんたんウェブ

 1968年に創刊されたマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の歴史を振り返る企画展の第2弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」が、19日から六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で開催される。15日、関係者向けの内覧会が行われ、「ドラゴンボール」「幽☆遊☆白書」「スラムダンク」など1990年代にジャンプで連載された47作品の約300点の原画がお披露目された。期間中、前後期で約100点の原画が入れ替えられ、計約400点の原画が展示される。6月17日まで。

【写真特集】「ドラゴンボール」などの名場面 懐かしの「電影少女」の美しい原画も

 同展は、ジャンプの創刊50周年を記念して開催。第1弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1創刊~1980年代、伝説のはじまり」が2017年7月18日~10月15日に行われた。第2弾は、1995年の3・4合併号で発行部数が約653万部を記録するなど黄金期を迎えた90年代の連載作を特集。「ドラゴンボール」の孫悟空が超サイヤ人に覚醒したシーンを映像化した「覚醒!伝説の超サイヤ人」が上映されるほか、「ジョジョの奇妙な冒険」「幽☆遊☆白書」「レベルE」「ろくでなしBLUES」「スラムダンク」「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」「遊☆戯☆王」などの名場面の原画を展示したり、名ぜりふを紹介する。

 「Jump to 2000s」コーナーでは、2000年代のジャンプを代表する「ONE PIECE」の尾田栄一郎さん、「NARUTO-ナルト-」の岸本斉史さんらの初期作品を展示。創刊号から18年14号(3月5日発売号)までの2406冊のジャンプを読むことができる「ジャンプ図書館」も15~26日、オープンする。

 展示は19日~6月17日午前10時~午後8時に開催。4月28日~5月6日は、午前9時~午後9時に時間を延長する。会期中は無休。当日券は一般、学生が2000円、中高生が1500円、4歳~小学生が800円。第3弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在-」が7月17日~9月30日に開催される。

最終更新:3/15(木) 11:47
まんたんウェブ