ここから本文です

泡盛ベースのジン開発 瑞穂酒造 県産素材にこだわり

3/15(木) 5:04配信

琉球新報

 瑞穂酒造(那覇市、玉那覇美佐子社長)は泡盛をベースとしたクラフトジンMIZUHO170th~Ori―Gin(アルコール度数48度、500ミリリットル)を開発した。香味付けに沖縄県産素材を使い、沖縄らしい味わいに仕上げた。カクテルベースとして世界で普及するジンを通し、世界に泡盛や沖縄の魅力を発信する。


 MIZUHOは瑞穂酒造と県工業技術センター、東京農業大が共同開発した。フレッシュなシトラス感の強い「青:Fresh」、果実などに由来する「赤:Tropical」の2種類を用意した。琉球ガラス瓶入りを各250本限定で3月17日から1本8千円(税込み)で試験販売する。マーケティング結果を踏まえて改良し、5月をめどに本格販売する。


 風味付けには西表島の高級ピーチパインの果皮やシークヮーサー、月桃の葉など県産品を中心とした10種類を活用。ジンの特徴であるジュニパーベリー(セイヨウネズの実)主体の風味に合わせるため、基となる泡盛の製法も見直し、本部町の桜の花から採取した酵母で作った泡盛を開発し、フルーティー感を高めた。

 14日、関係者が県庁で記者会見し、中心となって開発を担った、瑞穂酒造品質管理室の仲里彬主任は「地域独自の素材が多くある沖縄だからこそ、瑞穂酒造だからこそ、できることを追求した」と語った。

琉球新報社

最終更新:3/15(木) 20:55
琉球新報