ここから本文です

ロックディスタウンなど、フラワーC厩舎情報/美浦トレセンニュース

3/15(木) 11:28配信

netkeiba.com

 土曜日、中山競馬場で行われるフラワーC(GIII・牝馬限定・芝1800m)に美浦から出走する注目馬3頭について、関係者のコメント。

■ロックディスタウン(牝3・美浦・藤沢和雄)について、池添謙一騎手。
「今週(3/14)は併せ馬で追い切りました。直線入り口まで我慢をして並んで抜いていくという内容で、動きも良かったですね。前走(阪神JF・GI・9着)の時はイレ込んでいたようですし、当日の落ち着きがどうかですね。ただ乗るたびに馬自身もハミ受けを覚えてきましたし、我慢もきいていました。追い切り後もリラックスしてダクを踏んでいました。

 父のオルフェーヴルは荒々しいところがありましたが、こちらは牝馬でだいぶ繊細なので、柔らかく優しく乗ってあげなければなりません。ただ学習能力が高いあたりは、父に似ているように思います」

■トーセンブレス(牝3・美浦・加藤征弘)について、柴田善臣騎手。
「先週は少し重かったです、今週(3/14)は先週よりかなり良かったですし、体付きも締まってきました。ただツメの関係で鉄橋の蹄鉄(間に橋のように鉄板が架けられた蹄鉄)を装着していますので、走りづらいのか迫力のある動きではなかったですが、レースでは鉄橋の蹄鉄は外すので、問題ありません。

 気性の面は大人になってきましたね。久々なのでテンションが上がるかもしれませんが、そのあたりがセーブできれば楽しみです」

■ノームコア(牝3・美浦・萩原清)について、萩原調教師。
「順調な調整ができていますし、併せ馬の動きも良かったですね。ジョッキーにも感触を掴んでもらいました。右前脚のクリーニングをして間隔は空きましたが、気性面なども特に変わりありませんが、前回(アスター賞・500万下・1着)よりもいい感じで出られそうです。コースは問題ないので、善戦を期待したいですね」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:3/15(木) 11:31
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ