ここから本文です

カシオの「ゲーム電卓」復活 シューティング搭載「SL-880」38年ぶりに

3/15(木) 11:32配信

ITmedia NEWS

 カシオ計算機は3月15日、電卓にシューティングゲーム機能を加えた「ゲーム電卓 SL-880」を23日に発売すると発表した。1980年に発売して人気を集めたゲーム電卓「MG-880」(デジタルインベーダー)を現代向けにアレンジし、復刻した形だ。オープン価格で、実売予想価格は2000円前後。

【画像】ゲーム電卓のゲーム画面

 80年に発売した商品は8ケタ表示だったが、新商品は10ケタに。画面の数字のサイズも大きくしたほか、消費税計算機能、太陽電池を新たに搭載した。

 ゲームは80年当時のものと同じ。右側から攻め込んでくる侵略者の数字に、ビーム砲(「・」「+」キーで操作)の数字を合わせて迎撃する。ビーム砲台は3基あり、侵略されるごとに1基ずつ減る。得点は侵略者を迎撃した位置によって決まり、撃墜した数字の合計値の末尾が0になると出現する「UFO」を撃ち落とすと300点が加算される。

 サイズは70(幅)×118.5(奥行き)×8.5(高さ)ミリ、重さは約60グラム(電池込み)。

 同社は80年の「MG-880」発売以降、ボクシングやベースボールゲーム搭載ゲーム電卓を発売。「80年代前半を中心に幅広い層の人気を集めた」という。「近年、様々な物がネットにつながり機能性や利便性が向上する一方で、80年代の電子ゲームをはじめとするシンプルさが心地よい過去のヒット商品を再評価する動きも見られる」とし、新商品は、ゲーム電卓経験者から未体験の世代まで、幅広く楽しんでもらえるとみている。

【訂正:2018年3月15日午後3時:初出時、80年代に発売された機種名を「SL-880」と記載していたカ所がありましたが、「MG-880」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。】

最終更新:3/15(木) 15:05
ITmedia NEWS