ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

カンニバル・コープス、4月に日本盤『レッド・ビフォー・ブラック』発売

3/15(木) 12:02配信

BARKS

アメリカのデス・メタル・バンド、カンニバル・コープスの14thスタジオ・アルバム『レッド・ビフォー・ブラック』が2018年4月18日に発売となる。

◆カンニバル・コープス映像&画像

カンニバル・コープスはトータルで13枚のスタジオ・アルバムを発表しているが、1枚の例外すらなくいずれもデス・メタルとしか形容しようのない、一切のブレのないスタイルを貫き通している。30年にわたりデス・メタル・シーンを牽引し続けているのだ。

新作『レッド・ビフォー・ブラック』においても、その内容については言うまでもない。「スローでドゥーミーな要素の導入」という新構想もあったようだが、ヘヴィでタイトでブルータル、音楽から歌詞/アートワークに至るまで一切の不純物のない血まみれのデス・メタルが展開される。やはりどう聴いてもいつものカニバル・コープス…彼らは骨の髄までデス・メタル・バンドなのだ。

一方で、興味深いのがカバー集であるボーナス・ディスクだ。メタリカ、アクセプト、クリエイターといった大御所から、ポゼッスト、サクリファイス、レイザーといった往年のスラッシュ・メタル・バンドの名曲たちが、彼らによって料理されている。ポゼッストなどはボーカルも含めかなりオリジナルに忠実に再現されているのに対し、メタリカやアクセプトは、完全にカンニバル・コープス化させられているのが面白い。ジ・アキューズドが採り上げられている点も興味深いところだ。その筋では有名なシアトル出身のクロスオーバー・スラッシュ・バンドだが、カンニバル・コープスのイメージとはすぐには結び付かないのではないか。だが、アレックス・ウェブスターによれば、非人間的デス・ヴォイスを完成させる以前のクリス・バーンズは、ジ・アキューズドのBlaine Cookのようなスタイルだったというのだから、ジ・アキューズドもカンニバル・コープスにとって、大事なルーツのひとつということのようだ。

カンニバル・コープス『レッド・ビフォー・ブラック』
2018年4月18日発売
【初回限定盤CD+ボーナスCD】GQCS-90564~5 ¥3,000+税
【通常盤CD】GQCS-90566 ¥2,500+税
【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】
1.オンリー・ワン・ウィル・ダイ
2.レッド・ビフォー・ブラック
3.コード・オブ・ザ・スラッシャーズ
4.シェディング・マイ・ヒューマン・スキン
5.リマインド
6.ファイアーストーム・ヴェンジェンス
7.ヘッズ・シャヴェルド・オフ
8.コーパス・デリクティ
9.スカヴェンジャー・コンスーミング・デス
10.イン・ザ・ミドスト・オブ・ルーイン
11.デストロイド・ウィズアウト・ア・トレース
12.ヒディアス・イコル
ボーナスCD
1.サクリファイス [サクリファイス カヴァー]
2.コンフェッションズ [ポゼスト カヴァー]
3.ノー・リモース [メタリカ カヴァー]
4.デーモンズ・ナイト [アクセプト カヴァー]
5.ベサニー・ホーム(ア・プレイス・トゥ・ダイ)[アキューズド カヴァー]
6.エンドレス・ペイン [クリエイター カヴァー]
7.ビハインド・バーズ [レイザー カヴァー]

【メンバー】
ジョージ・コープスグラインダー・フィッシャー(ヴォーカル)
パット・オブライエン(ギター)
ロブ・バーレット(ギター)
アレックス・ウェブスター(ベース)
ポール・マズルケビッチ(ドラムス)

最終更新:3/15(木) 12:02
BARKS