ここから本文です

港珠澳大橋のマカオ側イミグレーション施設で引き渡しセレモニー開催…マカオの法律適用範囲に=香港と珠海・マカオ結ぶ夢の架け橋

3/15(木) 10:38配信

マカオ新聞

 中国が国家プロジェクトとして推進している香港と珠海(広東省)、マカオの三地をつなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」の建設工事が佳境を迎えている。

 港珠澳大橋は香港と珠海、マカオの間のY字型のルート、全長約55キロを複数の海上橋と海底トンネルで結ぶ世界最長の架橋計画の一つで、2009年に着工した。自動車専用道路(6車線)で、鉄道用の設備はない。

 マカオ政府広報官事務所は3月15日、同日午前0時にマカオ半島の北東沖に造成された人工島上にある港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設(敷地面積は71.6ヘクタール、延べ床面積は60万平米超)について、中国国務院の批准、同意を経てマカオ特別行政区に引き渡されたと発表。現地では引き渡しセレモニーが開催され、正式にマカオ特別行政区の法律適用範囲となった。

 今後、マカオ税関、マカオ治安警察局、マカオ消防局、マカオ司法警察局などが進駐し、各種設備の設置及びテストなど、運用開始に向けた準備を行うとのこと。

 なお、港珠澳大橋の具体的な開業時期は現時点で未発表。

 マカオは1999年12月にポルトガルから中国へ返還され、中華人民共和国マカオ特別行政区となったが、以降も独自にの税関を置き、出入境管理を行っている。

最終更新:3/15(木) 10:38
マカオ新聞