ここから本文です

ハミルトン、レッドブルの進歩を警戒「現時点では彼らが最速かもしれない」

3/15(木) 7:51配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、レッドブルの大幅アップデートを警戒。オーストラリアGPでRB14が最速のマシンになる可能性があると示唆する。

【動画】ハロは邪魔!? 邪魔じゃない!? コクピットから見た光景はこんな感じ……メルセデス編

 先日までバルセロナで行われていたF1公式テスト。連日フェラーリがトップタイムを記録したが、メルセデスとレッドブルは、このラップタイムを追いかけることはせず、ロングランを中心にプログラムを進めた。

 メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、レッドブルが脅威になる可能性を示唆。またハミルトンも、レッドブルとの戦いが「本当の意味でのチャレンジになる」と考えている。

 ハミルトンはメルセデスのタイトルスポンサーであるペトロナスのイベントに出席。レッドブルが倒すべき最大のライバルになる可能性があると語った。

「今年はエキサイティングな年になるだろう」

 そうハミルトンは語った。

「昨年の初めはチーム間の差が大きく、その後で彼らは近付いてきた。でも今年は、すごく近いところで開幕を迎えるし、開発によってその後は混戦になったり、少し差がついたりすると思う」

「なぜなら、我々が同時にアップグレードを投入することはないからだ。僕は、レッドブルが開幕戦に何らかのモノを投入してくると思う。どうなるか興味深いところだ」

「僕は現時点では、レッドブルが最速である可能性があると思う。彼らはアップグレードをいくつか準備していて、それはある程度大きい効果、例えば0.2~0.4秒かそのくらいの効果があるモノだと僕は聞いた」

 レッドブルのダニエル・リカルドも、開幕戦のRB14には変更が加えられることを認めている。

 ハミルトンは次のように付け加えた。

「彼らは一般的に、他とは若干異なる考え方を持っている。彼らは常に、大きなダウンフォースを生み出すマシンを作る。彼らのマシンのダウンフォースは、他のどのチームのマシンのそれよりも大きいんだ」

「それはどんな場所でも有利に働くわけじゃない。例えば長いストレートを持つようなコースでは、彼らは苦しむことになる。でも、コーナーは誰よりも速く駆け抜けることができる」

「僕はチームと、チームの仕事についてものすごく自信を持っている。僕はただ、レッドブルとはとても接近していると思うんだ」

 ハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスは、フェラーリとレッドブルのどちらが脅威になるか、現時点では分からないと語る。

「僕はどちらのチームも強く見えると思う」

 そうボッタスは語った。

「シーズン序盤の開発次第だと思う。僕はどちらのチームについても、過小評価することはない」

「僕は3チームによる激しい戦いになると感じている」

Valentin Khorounzhiy