ここから本文です

日本発売は2018年秋頃か|スバルの本格SUV「フォレスター」の次期モデルを大胆予想

3/15(木) 10:30配信

オートックワン

スバル 新型フォレスターが2018年3月28日に発表!

2017年4月の一部改良でE型に進化したスバルのミッドサイズSUV フォレスターだが、実は2012年12月のデビューから早くも5年目に突入している。そろそろフルモデルチェンジの時期・発売日も気になるところだ。

>>世界初公開された新型フォレスターのリア画像と、これまでのコンセプトモデルを画像で見る!

これまでのフォレスターのモデルチェンジサイクルを鑑みると、2018年のフルモデルチェンジが順当な流れだが、果たして次期フォレスターはどのようなクルマへ進化するのだろうか。エンジン・パワートレインに、PHVやEVといった電動化技術も搭載されるかどうかも注目ポイントだ。

新型フォレスターのヒントは、2015年の東京モーターショーに展示されたコンセプトカー「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT」(スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト)に隠されている。

■スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプトとは?
画像を観てわかる通り、ヴィジヴ フューチャー コンセプトはコンセプトモデルと言いながらも、割と現実味のあるスタイリングだ。

もちろん、観音開き式のドアや自動運転の機能など、ショーカーのコンセプトモデルならではの派手な演出や未来の技術が各部に施されてはいるが、外装デザインの基本的な傾向は、まんま”新型フォレスター”の姿だと言って良いだろう。

フルモデルチェンジで生まれ変わる新型フォレスターの内外装デザインは、新型インプレッサシリーズから始まったスバルの次世代デザイン思想“ダイナミック×ソリッド”を継承しているようだ。

ダイナミック×ソリッドとは、スバルらしい「安心」をイメージさせるソリッドな塊感をベースに、これまたスバルらしいキーワード「愉しさ」を感じさせるダイナミックな躍動感を融合させたもの。しかしそれは、次世代スバル車が今後のモデルチェンジで、イッキに流麗なフォルムに生まれ変わる、という類の話ではない。これまでもスバリストに支持され続けてきた機能的で飽きの来ない実直なデザインに“華”が加わった、とでも解釈すればわかりやすい。新型フォレスターも、そのようなフルモデルチェンジを迎えるに違いない。

1/5ページ

最終更新:3/16(金) 11:10
オートックワン