ここから本文です

Microsoft Kinectの深度センサーを利用した3Dミュージック・ビデオ

3/15(木) 11:41配信

ギズモード・ジャパン

前衛芸術のような映像美です。

2010年にXbox 360をジェスチャーでコントロールするべく登場したMicrosoft Kinect。ですが次第にその人気は衰えてしまい、2017年に生産が終了してしまったんですよね。

【記事の全画像】Microsoft Kinectの深度センサーを利用した3Dミュージック・ビデオ

とはいえ、「その技術はゲームだけに使うのにはもったいない」と、ソフトウェア開発キットが公開され、医療や介護などの分野に流用されました。

そんなMicrosoft Kinectのキモである深度センサーを活用して、ジャズ・ミュージシャンたちの動きを3Dアニメで見せるユニークなミュージック・ビデオが作られました。

製品としてはもう新しいものは出ませんが、技術とハードウェアはまだまだ生き続けそう。創意工夫次第で、これからもこうしたエンターテインメントの分野で活躍しそうですし、もちろんほかでも有効活用されることでしょうね。

とりあえずこのミュージック・ビデオは芸術的でクールです。どうかこのまま、ロスト・テクノロジーになりませんように!



Image: vimeo
Source: vimeo via Prosthetic Knowledge
Reference: Wikipedia
Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]

(岡本玄介)