ここから本文です

鉄道博物館、「E1系新幹線」公開 新館開館、本館全面リニューアルに先立ち 車内の特別公開も

3/15(木) 10:31配信

埼玉新聞

 埼玉県さいたま市大宮区の鉄道博物館で14日、今年7月に新館が開館し、本館が全面リニューアルされるのに先立ち、昨年12月、新たに同館に搬入された新幹線車両「E1系新幹線」の公開が始まった。

 E1系新幹線は1994年7月から2012年9月まで、東北、上越新幹線で活躍。世界初の総2階建て新幹線車両として注目を集め、「マルチ・アメニティ・エクスプレス」の英語の文字から「MaX(マックス)」の愛称で親しまれた。巨大な車両の高さは約4・5メートル。同館は27日から4月8日まで、車内の特別公開も予定している。

 同館は4月8日まで「鉄春到来!てっぱく春の感謝祭」を実施中。高校生が制作した新幹線の巨大絵画(縦3メートル、横22メートル)を20日まで展示。20、21日は皇族のために造られた「御料車」をガラス内で見学する特別ツアーを実施する。問い合わせは同館(電話048・651・0088)へ。

最終更新:3/15(木) 10:31
埼玉新聞