ここから本文です

アカデミー賞受賞、辻一弘さんのメッセージ「夢があったら…」 若者から「涙が出そう」の声

3/15(木) 8:50配信

AbemaTIMES

 アメリカ映画界で最高の栄誉とされるアカデミー賞において、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の特殊メイクを手掛けた辻一弘さんがメーキャップ&ヘアスタイリング賞に選ばれた。

 若者に「夢があったら絶対に他人の意見は聞かないように。自分に正直に、自分の心に聞いて決定すべき。親でも友達でも先生でも絶対に聞いたらダメです」と語った辻さん。

 『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、原宿の若者に夢についてインタビュー。辻さんのメッセージに、21歳大学生の女性は「私(のこと)ですね。もうジャストタイミング過ぎて、涙が出そうになります」と話す。「違う夢があるのに違うことをやらなければならないこの気持ち。すごく胸に刺さりました。もう決まってしまったからそれになるしかないので、頑張ろうって気持ちだったんですが、これを見てちょっと夢が揺らぎました」と語り、夢を見直すきっかけになったことを明かした。

 18歳の女子高校生は「私もこれから専門学校に入るんですが、一時期迷ったことがあった。やっぱり諦めると後悔すると思うので、信念を貫いていきたいと思う」と話す。進路について、悩みがあったという。

 高校時代の進路相談では大学進学の道を選ばず、映画メイクの世界に行くと単身渡米、辻さんは見事に夢を叶えた。若者の心にもそのメッセージは響いている。(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:3/15(木) 8:50
AbemaTIMES