ここから本文です

高千穂に再び列車を 旧TR運転士・斉藤拓由さん

3/15(木) 11:11配信

宮崎日日新聞

 「たとえ100年かかっても列車を再び走らせたい」。高千穂町・高千穂あまてらす鉄道(高山文彦社長)で運転体験などを担当する斉藤拓由(ひろよし)さん(43)は、廃線となった高千穂鉄道(TR)の元運転士だ。TRの復興運動でシンボル的な存在だったが、いったんは離れた。再びこの線路へと導いたのは、TRと地域住民への強い思いだった。

宮崎日日新聞

最終更新:3/15(木) 11:11
宮崎日日新聞