ここから本文です

万博公園の地球体験施設で、未来少女と巡る謎解き

3/15(木) 9:00配信

Lmaga.jp

アミューズメント施設「オービィ大阪」(大阪府吹田市)で、謎解きゲーム『オービィと忘れられた時間旅行者(タイムトラベラー)』が16日からスタート。館内に隠されたヒントを手がかりとする謎解きが、入館料+300円で体験できる。

【写真】謎解きキットを購入すると渡される冊子や館内マップなど

万博記念公園内の「エキスポシティ」にある同施設は、大画面の映像や音、振動、雨風を再現した演出などで地球上の自然や生物の営みを体感するエンタテインメント型ミュージアム。海底まで潜って海の生物を観察したり、鳥のように空から大陸を眺めるアトラクションが楽しめる。

今回のゲームを制作したのは謎解きイベントを多く手掛ける「クロネコキューブ」(本社:兵庫県神戸市)。企画を担当した同社クリエイティブディレクターの喜多亮介さんは、「館内の展示物を使用して、地球や自然をからめた問題を作ろうと思いました」と未来から来た少女と館内を巡り、謎を解きながら地球を救うオリジナルストーリーを作った。

「問題自体はオーソドックス。でもエキシビションをじっくり観ないと解けない。大人がやってちょっと悩むという内容で、お子さまでも解けなくはないと思います」と喜多さん。所要時間90分が目安だが、当日であれば再入場でき、制限時間もないので1日チャレンジできる。開催は5月6日まで。入館料は大人2160円、高大生1728円、小中生1296円、4歳以上864円。

最終更新:3/15(木) 9:00
Lmaga.jp