ここから本文です

ロータス、『エヴォーラGT410スポーツ』発売。各所にカーボンを配し軽量化を実現

3/15(木) 4:10配信

オートスポーツweb

 ロータスの国内正規販売代理店であるエルシーアイは、3月15日より新型スポーツ『ロータス・エヴォーラGT410スポーツ』を全国のロータス正規代理店で発売すると発表した。

【フォトギャラリー】ロータス・エヴォーラGT410スポーツ

 2018年に創業70周年を迎えるイギリスの老舗マニュファクチャラー、ロータスがリリースした最新モデル『エヴォーラGT410スポーツ』は、エヴォーラ・スポーツ410に代わる同社のファーストクラスモデルだ。

 先代のエヴォーラ・スポーツ410では2シーターのみの設定だったが、今回発表された新型モデルでは2シーターに加えて“2+2シーター”タイプを追加。トランスミッションはそれぞれオートマチックとマニュアルを選択できる。

 エヴォーラGT410スポーツのエクステリアデザインは、ロータスのフラッグシップモデルである『エヴォーラGT430』に取り入れられたボディデザインを元に新設計されたフロント/リヤパネルを採用。GT430由来のハイダウンフォース仕様のエアロパーツを一部取り外し繊細で上質感のあるエクステリアに仕上がっているが、そのダウンフォース量は先代モデルの50%増となる最大96kgに達しているという。


 そんな優れた空力性能を持つボディを構成するフロント・アクセスパネルやフロント・エア・ブレードシステム、ルーフパネル、スポイラー一体型テールゲートなど、さまざま標準装備コンポーネントの素材にはカーボンファイバーが採用されており車両の軽量化に貢献。

 このほかオプション装備となるが、チタン製エキゾーストやオーリンズ製専用ダンパーが用意され、これらを装着した際の車両重量はエヴォーラ400より98kg、エヴォーラ・スポーツ410からは28kg軽い1297kgとなる。

 リヤミッドに搭載されるエンジンはスーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンを採用。最高出力416馬力、最大トルク420Nmを誇る同エンジンに6速ATまたは6速MTミッションが組み合わせれ、ECUギアボックスを活かした超高速変速が可能となったATモデルは0-100km/h加速4.1秒を記録。最高速度はMT車で305km/hに達する。

 ロータス・グループのジャン・マルク・ゲールズCEOは「ロータスは常に新しいアイデアを探求し、完全を求めて革新と進化を続けています。この新型『エヴォーラGT410スポーツ』は、GT430の開発で培ったノウハウを活かし、高い性能を持つ卓越したクルマに仕上がっています」とコメントしている。

 3月15日(木)より全国のロータス正規販売代理店で発売開始となるロータス・エヴォーラGT410の価格は1468万8000円(税込)だ。

■ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(Lotus Evora GT410 Sport)
全長×全幅×全高:4390×1850×1240mm
※全幅はミラーを除く
ホイールベース:2575mm
車両重量:MT車1320kg/AT車1331kg
乗車定員:2名/4名
エンジン:3456cc DOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャー
最高出力:416ps/7000rpm
最大トルク:420Nm/3500rpm
最高速度:MT車305km/h/AT車275km/h

[オートスポーツweb ]