ここから本文です

メッシが凄すぎ、左右両足股抜き弾!! バルサ、チェルシー撃破で11季連続CL8強進出

3/15(木) 6:37配信

ゲキサカ

[3.14 欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦 バルセロナ3-0チェルシー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第2戦が14日に行われ、バルセロナ(スペイン)とチェルシー(イングランド)が対戦した。前半3分にFWリオネル・メッシの得点で先制したバルセロナが、同20分にFWウスマン・デンベレ、後半18分にメッシが加点して3-0の完封勝利。2試合合計4-1として、11シーズン連続でのベスト8進出を決めた。

 2月20日にチェルシーのホームで行われた第1戦を1-1のドローに持ち込んだバルセロナが、いきなり試合を動かす。前半3分、メッシとデンベレのワンツーは相手に阻まれたものの、こぼれ球に反応したFWルイス・スアレスのラストパスをメッシが角度のない位置からGKティボー・クルトワの股を抜く右足シュートでネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったチェルシーは前半12分、FWエデン・アザールのパスを受けたFWウィリアンがPA外から強烈なミドルシュートを枠内に飛ばすが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンにストップされてしまう。すると同20分、センターサークル内でMFセスク・ファブレガスからボールを奪ったメッシが2人をかわして左サイドを突破。逆サイドに走り込んだデンベレにパスを送ると、デンベレが豪快に右足シュートを突き刺してバルセロナがリードを2点差に広げた。

 その後はチェルシーが反撃に出るがバルセロナ守備を攻略し切れず。前半45分にはMFマルコス・アロンソの直接FKがゴールを襲うが、左足から蹴り出した鋭いボールはポストをかすめて枠を外れるなど、チェルシーには得点が生まれずに前半終了のホイッスルが吹かれる。

 2-0とバルセロナがリードしたまま後半を迎えると、同3分にバルセロナに追加点のチャンスが訪れる。しかし、クルトワのパスミスを拾ったL・スアレスが狙った左足シュートは、クルトワ自身に阻まれてしまった。同11分にはバルセロナベンチが動き、負傷明けのMFアンドレス・イニエスタに代えてMFパウリーニョを投入。さらに同16分には負傷したMFセルヒオ・ブスケツに代わってMFアンドレ・ゴメスがピッチへと送り込まれる。

 すると、後半18分にバルセロナがカウンターを発動。DFセサル・アスピリクエタのパスミスをDFジョルディ・アルバがカットし、こぼれ球を拾ったL・スアレスが前線に運ぶ。後方から走り込んだメッシがパスを呼び込み一気に加速してPA内に侵入すると、今度は左足シュートで再びクルトワの股を抜いてネットを揺らし、リードは3点差に広がった。

 その後は、後半40分にMFイバン・ラキティッチのCKから放ったパウリーニョのヘディングシュートがクルトワに阻まれるなど、バルセロナに追加点は生まれなかったが、チェルシーの反撃を許さずに3-1の勝利を収めた。

最終更新:3/15(木) 6:50
ゲキサカ