ここから本文です

<BG~身辺警護人~>最終回視聴率17.3% 自己最高記録で有終の美

3/16(金) 10:03配信

まんたんウェブ

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の最終話が15日、15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。第8話でマークした16.4%を上回って自己最高を更新し、有終の美を飾った。

【写真特集】最終回に“超VIPクライアント”登場! 木村拓哉のリクエストであの大物が…

 ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間警備会社のボディーガードたちの戦いの日々を描いた。上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、斎藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太朗さんといった豪華キャストが出演。島崎章(木村さん)の元妻役で出演した山口智子さんと木村さんの約22年ぶりのドラマ共演や、主要メンバーである村田(上川さん)の死という衝撃展開などが話題を呼んだ。

 最終話は、発砲事件で命を落とした身辺警護課の課長の村田を巡る証拠隠蔽(いんぺい)問題、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田さん)が事件の真実を語るのか、警視庁SPの落合(江口さん)はどう動くのか、島崎たちは村田の汚名をすすぐことができるのかといった展開に、終止符が打たれた。歌手の矢沢永吉さんが本人役で出演した。

 発砲事件の現場の状況を記録した、村田の遺品であるICレコーダーのデータが警察によって消され、世論も身辺警護課にとって逆風となるが、島崎たちは村田の汚名をすすごうと誓う。そんな中、厚生労働大臣の職を辞した愛子が「私が真実を話します」と名乗り出る。島崎たちは真相を語ろうとする愛子を警護することになるが、そのことで自分たちの身にも危機が迫る。一方、SPの落合は上司の氷川(宇梶剛士さん)に「自ら事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る……というストーリーだった。

最終更新:3/16(金) 10:17
まんたんウェブ