ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ビービット、電通デジタルら音声サービス領域で業務提携  自然対話が可能な音声ソリューション提供へ

3/16(金) 12:30配信

MarkeZine

ビービット、電通デジタルら音声サービス領域で業務提携  自然対話が可能な音声ソリューション提供へ

画像

 電通デジタル、Libalent、ビービットは業務提携し、より自然な対話による音声を利用した企業のサービス・商品開発を支援するソリューション「Voice Experience Innovation(ボイス・エクスペリエンス・イノベーション)」の提供を開始した。

 音声や言語を認識するだけでなく、発話によって最適な情報を提供する、対話型のユーザーエクスペリエンス(UX:顧客体験)の構築が注目を集めている。

 音声サービスにおいて最も重要なことは、「生活、ビジネスシーンの中で違和感なく自然な対話ができるか」ということであり、自然対話がビジネス課題に高い効果をもたらし、可能性を広げると三社は考えている。

 音声サービスの設計では、快適な音声サービス体験を提供できる場面を、様々なコンタクト・ポイントの中から戦略的に決定することや、人間と話しているかのような自然対話ができるよう、AIのキャラクター(性格、口調、態度等)設計や、会話の文脈に沿ったシナリオや台詞の設計を行うことが、重要なポイントとなる。

 そこで、デジタルマーケティングのUX設計や、キャラクター設計におけるクリエイティブ領域に知見をもつ電通デジタル、ロボットやAIスピーカー、チャットボットなどのシナリオ・台詞策定の実績があるLibalent、独自のユーザー行動調査を展開するビービットが協力し、新たなソリューション「Voice Experience Innovation」の開発に至った。本ソリューションを通して、顧客企業への自然な対話による音声サービスの導入をワンストップで支援していく狙いだ。

 なお、本業務提携により、音声サービスにおけるUXの開発に関する研究協議会を発足し、AI、音声サービスを用いたビジネスモデルの変革の支援から、音声サービスに関するテクノロジーの開発まで 幅広く研究成果を共有し、ノウハウ・方法論の蓄積を図っていく。

最終更新:3/16(金) 12:30
MarkeZine