ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

Gナイン驚がく「上原の超進化」10年前知る同僚が証言

3/17(土) 16:30配信

東スポWeb

 カブスからFAとなり、古巣・巨人へ復帰した上原浩治投手(42)がジャイアンツ球場で順調な調整を進めている。実戦初登板は20日の日本ハムとのオープン戦(東京ドーム)が見込まれ、17日には二軍練習で打撃投手として3度目のマウンドに立つ。一軍合流が迫る中、10年前の上原を知る同僚たちはベテラン右腕の「進化」に驚がく。チーム内にも衝撃が広がっている。

 上原は16日、二軍ナインとアップを済ませ、屋外ブルペンで変化球を交えて投球練習を行った。この日も「まだまだマウンドと(日本の)球の感覚にも慣れていないので、一日でも多く入りたい」と課題も口にしたが、プラン通りの調整を続けている。上原の今後について、由伸監督は遠征先の福岡からの帰京前に「予定は未定だからね。明日投げてから考えます」とだけ語ったが、順調にいけば東京ドームで帰国後初の実戦に臨む予定だ。

 間もなく一軍の輪に加わることになるが、10年ぶりに再会した選手や裏方スタッフが度肝を抜かれたのは衰え知らずの上原の成長だ。フリー打撃で対戦した一人、亀井がさらなる一面を明かした。「スプリットが4種類もあるんですよ。試合ではカットボールも加わる。直球と同じ軌道でこれだけ変化をされたら、打者は打てないですよ」

 2000年からG投手陣を支え、現在の上原の女房役を務めている柳桓湊(リュ・ファンジン)ブルペン捕手によると「10年前のスプリットは3種類だった」という。さらに「今ある4種類は空振り、カウントを取るスプリットとシンカー気味に落ちるスプリットと、それと反対に落ちるスプリット。どれも直球と同じ腕の振りでコントロールされ、構えた所に落としてくる」と証言した。

 一般的にスプリットは変化量の調節や制球が難しいとされる。では、プロの世界でスプリットを操る投手たちにとってはどうか。FA移籍1年目の野上は「僕はシンカー気味のスプリットはやったことがありますけど、反対の変化は(中指で球を)引っかくのでコントロールするのが難しかった。4種類は無理です。もうゲームの世界ですね」と脱帽。空振りとカウントを取る2種類のスプリットを投げ分ける宮国も「ただでさえコントロールするのは難しいのに、どうやっているのか…。教わってみたいです。教わってもできることじゃないかもしれないレベルですけど」と感服するしかなかった。

“空白の10年間”で恐るべき進化を遂げて凱旋した上原。4月で43歳を迎えるが、やはりその能力は底知れない。

最終更新:3/17(土) 17:55
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 12:00