ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

井浦新、10年来親友の監督作公開に感慨 “約束”果たし「くるものがある」【動画付き】

3/17(土) 19:05配信

オリコン

 俳優の井浦新が17日、都内で行われた映画『ニワトリ★スター』の初日舞台あいさつに出席した。メガホンをとった、かなた狼監督とは10年来の親友と呼べる仲。「出会った時、いつか一緒に映画を作りたいねって約束をして、『俺は作るから、お前は役者として何かしてくれ』と言われた日から今日、スクリーンで上映されます。ちょっとくるものがありますよね」と感慨深げだった。

 撮影から約2年が経ち、かなた監督との約束を果たした井浦は「初日を迎えることができて、監督にありがとうございますと、おめでとうございますを言いたい」と改めて感謝。かなた監督も「新とは親友といっても普段ベタベタ連絡はしない。でも、出会ったときに何かピンとくるものがあって、お互い表現者として決着をつけたいという思いはあった」と公開を喜んだ。

 同作は、東京の片隅にある奇妙なアパート“ギザギザアパートメント”で共同生活をする草太と楽人を中心とした群像劇。

 楽人を演じた成田凌は「幸せです。やっとこの日を迎えることができました」と興奮気味。幼なじみ役の紗羅マリーとは、かなた監督とのワークショップで手をつないだ状態で2時間お互いの人生を語り合ったといい、「紗羅マリーという人は、作品が終わってからも僕にとって特別な人間になっています。恋人とかそういうのじゃなくて、新しい人間の形がそこで生まれたと思う」と話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、LiLiCo、ペロンヤス、シャック、マグナム弾吉が出席した。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:3/17(土) 19:05
オリコン