ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

手を打たなければ乗り遅れ。日系バイクメーカー「アジア」攻略

3/17(土) 13:09配信

ニュースイッチ

“FUNバイク”高まる需要、富裕層・中産階級にターゲット

 国内2輪メーカーが、インドや東南アジア地域で趣味性の高い“FUNバイク”の拡販に力を入れている。同地域では富裕層や中産階級が増加し、嗜好(しこう)性の高い製品への需要が高まっている。国内2輪メーカーは排気量126cc以上の商品ラインの拡大や、販売店のハード・ソフトの充実で需要を取り込む。同時に世界的な電動化に対応した商品も投入し、市場攻略で先手を打つ構えだ。

 高まる需要―富裕層・中産階級にターゲット
「FUNバイクを購入する人は、スクーターを購入する人と客層が全く違う。店の雰囲気の良さも購入意欲を高める一つの理由になる」(安部典明ホンダ執行役員)。

 業界では主に排気量126cc以上のスポーツモデル、舗装路もオフロードも走れるアドベンチャーモデル、長距離の旅に適したクルーザーモデルなど趣味性の高いバイクを“FUNバイク”と呼ぶ。富裕層、中産階級が増加するアジア地域で、先進国市場と同様にFUNバイクの需要が高まりつつあるという。

 ホンダはインドで主にFUNバイクを販売する店を現在の24店舗から、さらに10店舗以上増やす計画だ。これまでは通常のバイク販売店の一部で展示販売していたFUNバイクを前面に打ち出す。

 店のエンブレムには、日本国内で4月から展開を始める新販売店網で用いる「ウイングマーク」を採用。羽根とホンダのロゴを黒地にシルバーで立体的に表現し、上質な雰囲気を持たせている。

 インドと同様の店舗はすでにタイやマレーシア、中国にも出店。5月までにベトナムホーチミン市でも初出店する。安部執行役員は「今後の需要動向次第では、ベトナムでも店舗増も検討する」とする。

 インドでは、同1000ccクラスのアドベンチャーモデル「アフリカツイン」やスポーツモデル「CBR」シリーズを投入しており、店舗拡大で拡販する。

 FUNバイクを主力商品とする川崎重工業はインドで、現在12の販売店を2020年までに30店舗とする。販売台数も現在の1000台規模から20年までに4000―5000台規模にまで増やす計画だ。17年9月には現地で新工場が稼働。現地サプライヤーからの部品調達も増やして「ニンジャ300」「Z250」、同1000ccクラスの「ニンジャ1000」など大排気量車種の生産も始めた。

 同社は世界的に店舗デザインの統一を進めてきており、黒地に緑のラインを合わせた外観で高級感を演出した店舗を日本やインドネシアで展開している。インドでも同様のコンセプトを打ち出す。

 スズキは店舗1件当たりの接客品質などを高める戦略だ。マレーシアやタイ、インドの126cc以上の製品を扱う店舗で従業員やサービススタッフの研修を強化する。インドではクルーザーモデル「イントルーダー」など新型車を投入し、拡大を目指す。西河雅宏二輪事業本部長は「(東南アジア、インドの)成長性は有望で、店舗の底力を上げて事業を安定的に黒字化したい」とする。

 ヤマハ発動機も、人気の高まりを受けアジアで大排気量車の販売を本格化しているが、店舗戦略については今後の市場環境を見ながら検討する方針だ。

1/2ページ

最終更新:3/17(土) 13:09
ニュースイッチ