ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「串本太地道路」事業化へ 高速道、県内海沿い一周にめど

3/17(土) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県の東牟婁郡内を通る高速道路「串本太地道路」の整備に向け、国が2018年度から予算を計上する見通しになった。有識者でつくる国土交通省の部会が16日、東京都内であり、事業化は妥当と評価した。実際に事業化されれば、県内の海沿いを一周する高速道路の整備にめどがつくことになる。

 国交省などによると、串本太地道路は延長18・4キロ。串本町と、太地町に近い那智勝浦町八尺鏡野を結ぶ完全2車線。古座川の近くにインターチェンジを設ける計画で、事業費は約900億円。すでに開通している那智勝浦新宮道路(那智勝浦町―新宮市、15・2キロ)と、事業中のすさみ串本道路(すさみ町―串本町、19・2キロ)につながる。

 国交省は2月、新たな事業の候補の一つに串本太地道路を盛り込んだことを発表。事業化に際する手続きに当たる意見照会に対し、仁坂吉伸知事は「一日も早い着手を望む」との回答を出していた。

最終更新:3/17(土) 17:00
紀伊民報