ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

パンタグラフ構造のQWERTYキーボードを搭載 横長クラムシェル型Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」(懐かしのケータイ)

3/18(日) 10:05配信

ITmedia Mobile

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのシャープ製Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」です。

【本格的なQWERTYキーボード】

 LYNX SH-10Bは、ドコモ向けに提供された初のシャープ製Androidスマホで、OSはAndroid 1.6を採用。5型ディスプレイとQWERTYキーボードを搭載しているのが特徴です。au(KDDIと沖縄セルラー電話)向けの「IS01」は兄弟機です。

 小さなノートPCのようなデザインで、快適に文字入力が行えるようQWERTYキーボードにはノートPCと同様の「パンタグラフ構造」を採用しています。また、トラックボールを搭載していて、コピー&ペースト時のカーソル移動などが快適に行えるようになっています。

 5型ディスプレイはタッチパネルになっていて、タッチ操作も可能。2本指で操作するマルチタッチは、ブラウザや写真など一部のアプリで利用でき、ピンチイン・アウトで縮小・拡大などが行えました。

 また、ドコモのスマートフォンでは初となる、ワンセグや赤外線機能にも対応していました。ちなみに、音声通話についてはイヤホンマイクやBluetoothヘッドセットを利用するか、ハンズフリー機能を利用することで可能でした。

(機材協力:携帯市場)

「LYNX SH-10B」の主な仕様

・発売日:2010年7月20日
・キャリア:NTTドコモ
・メーカー:シャープ
・サイズ:約148(幅)×83(高さ)×17.8(奥行き)mm
・重量:約230g
・メインディスプレイ:5.0型(960×480ピクセル)NewモバイルASV液晶 約6.6万色
・アウトカメラ:有効約530万画素CMOS
・インカメラ:有効約43万画素CMOS
・ボディーカラー:Red、White

最終更新:3/18(日) 23:14
ITmedia Mobile