ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

技の藤沢、力の山口 好連係支えた「そだねー」 山口「考えた吉田知那美は天才」

3/18(日) 18:59配信

デイリースポーツ

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(18日、みちぎんドリームスタジアム)

 決勝が行われ、平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得したLS北見のスキップ藤沢五月(26)と、同五輪男子代表SC軽井沢のセカンド山口剛史(33)の「フジヤマ」ペアが、チーム平田を9-2で下し、今大会8戦全勝という圧倒的な強さで優勝。4月に行われる世界選手権(スウェーデン)の代表切符を手にした。

【写真】せっかちな藤沢に山口「ちゃんとやってよ」 お互い称賛しながらも

 準決勝ではLS北見のサード吉田知那美(26)とSC軽井沢のサード清水徹郎(30)の「てっちな」ペアとの夢の五輪メダリスト対決を、最後は藤沢のトリプルテークアウトで10-7で制すると、決勝は第1エンドでいきなり藤沢が好ショットで2点。試合の流れを決めた。

 8戦すべて圧勝。藤沢の正確なショットと、山口の力強いテークショットとスイープがガッチリとかみ合った。特に藤沢はイキイキ。準決勝で敗れた吉田知は「徹ちゃん(清水)とも話していたですけど、カーリングを楽しんでいるさっちゃん(藤沢)は強い。ノリノリだね、無双だねって」と、舌を巻いた。

 実は抜群の連係を支えた言葉があったという。山口は大会中に作り上げた「藤沢マニュアル」の一端を明かし「さっちゃんは小言が多い。こっちがアイスが滑るって言ってるのに、『いや、滑らないと思うんだよな』とか、ずっと言ってる。そういう時は『そだねー』って返すのが一番いい。あれを考えた吉田知那美は天才だと思う」と、笑って藤沢の“操縦法”を説明した。

 また、準決勝では序盤、ショットが決まらず表情の硬かった藤沢は、山口が「いつもと顔が違う。キープスマイル!」と言って和ませた。頼れる兄貴分と、天才肌の妹分。見事なチームワークで頂点へ駆け上がった。