ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

マツダの工場にメディア初潜入! 編集者が見た革新的なモノづくり現場【マツダ体験会レポート】

3/19(月) 11:07配信

オートックワン

ヒヨッコ編集者が行く大人の社会科見学はオドロキの連続!

「こんなイベントがあるんだけど、行ってみない?」2月のとある日、T編集長から声をかけられた。案内状に目を通してみると、「2018年春 メディア編集者 マツダ体験会」とある。

超レア!マツダ 防府自動車工場の内部を写真で見る【画像40枚】

体験会の内容は、マツダの「クルマづくり」を体験・マツダの「クルマ」を体験・マツダの「風土や人」を体験とある。実はこのイベント、毎年のように行われているイベントらしいのだが、前回のイベント名は「若手メディア編集者 マツダ体験会」だったそうだ。今回のイベントから「若手」という文字が消えた。

なんでも、メディア編集者には若手が少ないらしく、「若手」に限定してしまうと参加者が限られてきてしまうため、タイトルから若手の文字を消したとのこと。

筆者も今年で36歳になる自他共に認める立派な「オジサン」だ。しかし、自動車メディア業界を見渡してみると、そんな私でさえも「若手」の部類に入ってくる。高齢化は自動車メディア業界にまで及んでいるなぁと、新米編集者である筆者は常々感じている。

さてそんな「編集者マツダ体験会」、こんな面白そうなイベントを断る理由など何ひとつ無い。T編集長から与えられた指令を2秒で承諾した私は、3月初旬にマツダの工場と試験場がある山口県に飛び立ったのであった…。

東京ドーム約17個分!マツダの山口防府工場はメディア関係者初公開

イベント当日、出発地である羽田空港周辺はあいにくの大雨だった。集合場所である羽田空港国内線第二ターミナルに着き、マツダ国内広報部の町田さんからチケットを受け取る。

「欠航が出ている便もありますが、山口宇部空港行きは通常通り出発するそうです。」と、安心したような表情を見せるマツダ広報の町田さん。ちなみに筆者の苗字は松田だったりする。

松田が町田さんとマツダに行くというわけだ、ややこしい! そんなことを考えているうちに、イベントに参加する別媒体の編集者の方々も続々と集まる。そして、わたしたちは7:20分フライトの飛行機に乗り土砂降りの羽田を後にした。

約1時間半のフライトの末、降り立った山口宇部空港の天気は曇り。ここから大型バスに乗り換え、マツダの防府工場へと向かった。空港から約1時間で到着したマツダ防府工場は、メディア編集者に公開するのは今回が初めてとのこと。

1/4ページ

最終更新:3/19(月) 11:24
オートックワン