ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

有村藍里、初女優業の苦労明かす 妹・架純と同業も「コンプレックスない」【動画付き】

3/19(月) 19:40配信

オリコン

 女優の有村架純(25)の姉でタレントの有村藍里(27)が19日、都内で行われたアプリ『LunaRitta(ルナリッタ)』の1周年記念イベントに出席。有村は昨年末に石黒賢(52)主演ドラマ『プロデューサーK3』のヒロインに抜てきされ、女優デビューすることを発表しているが、初の女優業に「正直いっぱいいっぱいになってしまって、楽しめる余裕なかった。全力でぶつかった感じです」と苦労を吐露した。

 有村が初出演する同ドラマは、テレビ業界きってのダイエット請負人プロデューサーKが“美と健康”に導く、フェイクドキュメントドラマ第3弾。有村が本人役を演じ、これまでの悩みと向き合いながら人間として成長していく物語。妹・架純のエピソードなども描かれる。

 初女優業に有村は「ドラマ初めてで、システムが分からなかったので、(架純に)アドバイスもらいました」と明かし、本人役については「難しいと感じました」と苦笑い。演出を手掛ける神崎茂氏から「自分の思いのまま、しゃべってもらって大丈夫」だと言われ、台本なしのシーンにも挑戦した。

 今作でタレント・グラビアアイドルから、国民的女優である妹・架純と同業になるが、「姉妹に対するコンプレックスはない」といい、「いろんなことに挑戦したい」と新たな挑戦に意欲を燃やしていた。

  同作は4月11日にDVD発売、4月27日よりGYAO!、Amazonで配信されるほか、4月26日にはお台場ユナイテッドシネマで上映会と記者会見が予定されている。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:3/19(月) 20:13
オリコン