ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<男女3遺体>電気ついたままの部屋…ドアノックも無反応、電話出ず 現場を見詰める近隣住民ら/草加

3/19(月) 22:37配信

埼玉新聞

 19日午前10時15分ごろ、埼玉県草加市清門3丁目の無職小川喬さん(70)方で、男女3人が死亡しているのが見つかった。同方は小川さんと妻(68)、小川さんの息子(43)の3人暮らしで、3人と連絡が取れなくなっている。施錠された室内に争った形跡がなかったことから、草加署は心中や病死の可能性を視野に、3人の身元と死因を調べている。

母と小2次女が心中か 長女が遺体発見

 3人の遺体が見つかった小川さん方は、住宅街の一角。新聞が郵便受けにたまっていたり、電気がついたままになっているのを、近所の人は心配していたという。

 民生委員の60代女性は18日夜、近所の人から「電気がつけっぱなしで、新聞が何日分もたまっている」と相談を受け、小川さん方を訪れた。「ドアをノックしても応答はなく、電話を何回鳴らしても出なかった」と話す。一夜明けた19日朝、再度様子を見に行ったが「昨夜と同じ様子だった」と不安そうな表情を浮かべた。

 近所に住む70代女性は「夫婦仲が良くて、旦那さんが出掛ける時に奥さんが見送りしているのをよく見掛けた」と振り返る。「2月中旬に見掛けた時、奥さんがひどく痩せた様子だったので、どうしたんだろうと思っていた」とも。

 近隣の40代女性は「夫婦ともに温厚な人。奥さんは7年ほど前に犬を飼っていた時、散歩で会うとよく話をした。何かあったのならショック」と現場を見詰めていた。

最終更新:3/19(月) 22:37
埼玉新聞