ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

女児にスカートのままブリッジさせて触る…県教委、教諭5人処分 女子生徒にみだらな行為、暴行、虚偽も

3/19(月) 22:52配信

埼玉新聞

 埼玉県教育委員会は19日、わいせつ行為などで教職員5人について、懲戒免職や減給などの処分を行ったと発表した。

 懲戒免職となった南部地区公立小学校の男性教諭(33)は2017年11月2~10日の間、派遣されていた海外の日本人学校で、女子児童2人に対し計4回、スカートをはいたままブリッジなどをさせ、腰や太もも付近を触ったり自分のカメラで動画を撮影した。

 北部地区県立高校の男性教諭(27)も懲戒免職。同年3月16日~6月2日の間、同校に在籍する2人の女子生徒に対し、それぞれ男性教諭の自宅でみだらな行為をしたり、校内でキスをするなどした。

 県立上尾高校定時制の男性教諭(56)は正当な理由なく64日間欠勤したほか、出勤しても授業を行わなかったとして懲戒免職。担当する日本史Aの18年度教科書について、自分が選んだものと別の教科書を校長が選んだことが不服だと話しているという。

 草加市公立中学校の男性教諭(48)は減給3カ月(10分の1)。17年4月29日、顧問を務める部活の男子生徒が必要書類をすぐに提出する様子がなかったことから、職員室で左すね付近をけるなどの暴行を加え、打撲など全治約2週間のけがを負わせた。

 県立羽生第一高校の女性教諭(30)は、同校の女子生徒が志望する専門学校の推薦選考の出願書類を受付期限までに提出することを忘れた上、生徒と保護者に対して「書類に不備があり受理してもらえなかった」と虚偽の説明をしたとして、減給1カ月(10分の1)。生徒は一般選考を受け、合格した。

 本年度の教職員の懲戒処分件数は23件(うち免職10件)。過去5年間で最多だった16年度から12件減ったものの、不祥事が後を絶たない状況。県教育局は、不祥事防止に向けた意見を教職員から募集するなど、対策を強化している。

最終更新:3/19(月) 23:15
埼玉新聞