ここから本文です

日本年金機構が会見(全文3)SAY企画、一般競争入札で価格だけの入札だった

3/20(火) 19:52配信 有料

THE PAGE

日本年金機構が会見(全文3)SAY企画、一般競争入札で価格だけの入札だった

日本年金機構が会見(THE PAGE編集部)

 日本年金機構の水島藤一郎理事長は20日、2月支給分の年金が本来の額より少なく支払われた問題について、厚生労働省で会見し、支払いミスは、年金機構が業務委託した業者「SAY企画」(東京都豊島区)の事務処理が適切でなかったことによって生じたと説明し、「国民の年金事業への信頼を毀損するもの」として「心から深くお詫び申し上げる」と陳謝した。この委託業者が契約に違反し、中国の業社に再委託していたことも判明したが、この中国の業社の情報管理については特段の問題はなく、「中国の業者にマイナンバーは出ていない」と述べた。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】個人情報入力の中国業者への再委託問題で日本年金機構が会見 」に対応しております。

      ◇      ◇

毎日新聞:毎日新聞の【キハラ 00:54:27】と申します。水島理事長にお伺いしたいんですけれども、SAY企画をそもそも委託した理由なんですけれども、SAY企画ですね。500万件の情報を入力できる能力があるということを考えられたのでしょうか。従業員の人数とか、どのように。

水島:SAY企画に関しまして、先ほど申し上げましたとおり、一般競争入札で価格だけの入札でございまして、最も低い入札業者であったということでございます。その際に仕様書がございまして、それに対して運用仕様書が出てまいりました。その運用仕様書によってこれでやりますということを言ってくるわけですね。 本文:11,516文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:3/27(火) 5:53
THE PAGE