ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

MKIが販売する「CloudEndure」、国内移行ツール市場で1位に

3/20(火) 13:49配信

BCN

 三井情報(MKI、小日山功社長)は3月19日、富士キメラ総研(田中一志社長)が2月に発刊した市場調査レポート「2018 クラウドコンピューティングの現状と将来展望」の移行ツール部門で、MKIが国内唯一の一次代理店として販売する「CloudEndure」がシェア第1位を獲得したと発表した。

 2018年版で9年目を迎える同レポートは、「ユーザー企業のクラウド利活用状況」「レイヤーごとのクラウド市場」「クラウド市場進展を支える関連ツール市場」「クラウド市場に参入するベンダー各社の実績および戦略」の4点を中心とした調査・分析結果をもとにクラウドコンピューティングの現状と将来展望をまとめたもので、移行ツール市場の調査・分析は、今回初めて実施された。

 富士キメラ総研によると、国内移行ツール市場はオンプレミスからパブリッククラウドへのシフトの動きに比例する形で成長が見込まれており、市場規模は17年から20年にかけて金額ベースで約2.9倍に拡大すると予測している。CloudEndureは、17年に53.8%、18年も52%の市場占有率(いずれも金額ベース)を占め、2位製品と2倍の差をつけシェア1位となった。

最終更新:3/20(火) 13:49
BCN