ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【K-1】やりすぎ皇治の無礼に武尊の怒りがついに爆発

3/20(火) 17:06配信

イーファイト

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される新生K-1史上最大のビッグイベント『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』の前日公開計量&記者会見が、20日(火)の13:00より都内で行われた。

【フォト】スタッフが割って入り、乱闘寸前の両者を引きはがす

 全ての計量と記者会見が終わり、明日の目玉である「K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」に出場する8選手のフォトセッションが行われている時だった。

 これまで会見で数々の乱闘騒ぎを起こしてきた“浪速の暴君”ISKA世界ライト級王者・皇治(TEAM ONE)が、「ヒロヤン(1回戦で対戦する卜部弘嵩)様、危険なので必ずお被り下さい」「タケポン(武尊)様、ついでにお被り下さい」との貼り紙がされたヘルメット2つを持参。フォトセッションが始まるとすぐに武尊へ歩み寄り、そのヘルメットを渡そうとしたのだ。

 この無礼な行為に対し、武尊は皇治に元の位置へ戻るようにうながしたが、皇治はその場から動かない。そこでついに武尊の怒りが爆発。皇治を突き飛ばした。乱闘寸前となった両者の間に宮田充K-1プロデューサーを始めとするスタッフが慌てて割って入り、その場は何とか収まったが、皇治は再び武尊の元へ行こうとする挑発行為を行った。

 これまで皇治の挑発的な発言・行動を無視してきた武尊だが、試合前日のフォトセッションを邪魔するような行為には我慢がならなかったようだ。武尊は「(皇治を)意識すらしてないから、イラッともこない。レベルが違うから話かけないでくれって感じです。対戦相手として見たら感情も違うけれど、100%やることはないので全く何とも思わなかったですね」と、皇治が絶対に自分と対戦する決勝戦まで上がって来ることはないと断言している。

最終更新:3/20(火) 17:06
イーファイト