ここから本文です

【動画】春分の日は広く冷たい雨 関東甲信山沿いで大雪のおそれ(20日18時更新)

3/20(火) 18:11配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 春分の日(水)も広く冷たい雨となって、関東甲信の山沿いでは大雪となるおそれがあります。風も強く吹いて荒れた天気となりそうです。

 低気圧が発達しながら本州の南を進むため、全国的に風が強く吹き、大しけとなるところもあるでしょう。

 西日本や東海中心に広がる雨雲が、水曜日の朝には関東にも広がります。寒気が流れこむため、関東甲信の山沿いでは大雪となるところがあるでしょう。
 東京23区は雪の積もる可能性は低いですが、多摩など山沿いは雪が降る予想です。22日(木)にかけて雪が続くため、さらに雪の量が増える見込みです。静岡県も山地では大雪のおそれがあります。路面の凍結に注意してください。
 
 午後になると東北も広く雪になって、山沿いを中心に強く降るところもありそうです。湿った雪となるため、電線や樹木などのへの着雪に注意が必要です。また、西日本の太平洋側では、雷を伴って激しい雨の降るところがあるでしょう。

 <関東甲信 21日夕方にかけての予想降雪量>
 関東地方北部山沿い、甲信 30センチ
 秩父 20センチ
 関東北部平野部、多摩地域、箱根 10センチ

 気温は日中もほとんど上がらず、真冬並みの寒さが続くでしょう。東京の最高気温は7℃の予想です。(気象予報士・及川藍)

最終更新:3/20(火) 18:11
ウェザーマップ